初鹿会計事務所

055-220-6885
お問い合わせ

ブログ

2022.07.29 電子帳簿保存法について

法人税法など各税法では原則、帳簿書類等の保存が義務づけられています。

電子帳簿保存法とは、このような帳簿書類について一定の要件を満たした上で
電磁的記録(電子データ)による保存を可能とすること及び電子的に授受した取引情報の保存義務等を定めた法律です。
電子帳簿保存法上、電磁的記録による保存は大きく下記の3種類に区分されます。

 

⓵電子帳簿等保存
⓶スキャナ保存
⓷電子取引

 

令和3年度の税制改正(令和4年1月1日施行)により、
帳簿書類を電子的に保存する際の手続きについて、見直しが行われました。

これまで、⓵、⓶の場合は事前に税務署長の承認が必要でしたが、
事業者の事務負担を軽減するため、事前承認は不要とされました。

詳細の情報については、初鹿通信2022年7月号をご覧ください。

また、国税庁ホームページでも電子帳簿保存制度の特設サイトが設けられています。

  1. トップ
  2. ブログ
  3. 電子帳簿保存法について